バルシューレ」とはドイツ語の"Ballschule"
ハイデルベルク大学クラウス・ロート教授のボールゲーム理論に基づいて奈良教育大学が日本の子どもたちの為にアレンジした指導プログラムにより「ボールゲーム教室」の事です。
児童期のスポーツ環境は生涯スポーツにつながる大変重要な時期です。
子どもにとってスポーツは単にレクリエーション的要素だけでなく、スポーツで模擬的な社会勉強をしています。たくさんの人とのかかわりやスポーツを通じての自分の役割(主体性・忍耐力・協調性・礼儀等)を自然と身に付ける貴重な場です。